ウーマン

意外と知らない人が多いうつ病|情報収集をして気分障害を防ぐ

薬を使った治療法

ウーマン

通常体調が悪くなると、仕事を休んで病院で診察を受けて薬を処方してもらうことが一般的です。栄養があるものを食べた後に処方された薬を飲んで、自宅で休養を取ることで体調は回復します。疲れが溜まっている場合は、一晩ぐっすりと寝ることで良くなることもあるでしょう。最近はうつ病も薬を飲んで寝れば治ると間違った解釈をしている方がいます。ですが薬を飲んで症状が回復するとは限りません。中には薬では症状が回復しない患者さんもいますし、薬を飲むことで逆に症状が悪化するケースもあります。そのために薬だけに頼ることはやめましょう。

薬をのむ前にうつ病の原因が、薬の副作用でないことを特定しなくてはいけません。特に身体疾患の薬剤は症状に影響しやすいことがわかっていますので、その場合は薬を変更するか他の治療法を試してみましょう。もし、症状が悪化してしまうと大変です。より無気力になり何もすることができなくなるケースもあります。薬を処方してくれた医師と良く相談しましょう。処方された薬が関係していないときで基準が満たされた場合、抗うつ薬を使用することができます。しかし、症状が軽い患者さんには効果がほとんどないこともありますので、行なうときは慎重になりましょう。有効である代わりに副作用もあります。ですから自分の体質をしっかりと調べて、自分にあった薬なのかを検討する必要があります。

自分の症状や原因を把握することで、症状を軽減するための治療をすることができます。特に効果的な治療法の抗うつ薬療法で使用することで辛い症状を緩和することができるでしょう。人間はストレスを感じるとホルモンのバランスや脳内神経伝達物質の量が変化します。そのため、気分障害になってしまいます。特に脳内神経伝達物質のセロトニンやノンアドレナリンが減少することが原因の患者さんもいます。その患者さんには抗うつ薬療法が効果的です。セロトニンを摂取することが体内が正常のバランスを取り戻して症状を緩和することができるのです。ですが、副作用もあります。頭痛や吐き気、下痢は良く見られる副作用です。このような副作用で悩んでいる方は中止した方が良いかもしれません。個人差の大きい気分障害なので、薬物療法が効果的な人もいますが、効果のない人もいます。薬で治療する方は、しっかりと医師と相談して、決められた服用方法を守ってください。