ウーマン

意外と知らない人が多いうつ病|情報収集をして気分障害を防ぐ

家族がサポート

女医

ストレス社会の日本では多くの方が気分障害で悩んでいます。症状が悪化するとうつ病に発展する可能性もあるので、ストレスを溜め込まない生活を心がける必要があります。もし、家族が気分生涯やうつ病の場合は本人だけでは改善することは難しいでしょう。家族のサポートがないと症状は改善しないかもしれないので、家族は根気強くサポートしてあげてください。

病院で診察を受けるときは必ず付き添うようにしましょう。気分障害やうつ病の症状にもよりますが、患者本人の気分が滅入っている状態で診察を受けることになります。人の話を聞かなかったり、本心を話さなかったりすることもあります。ですから、本人だけで診察をした場合、医師は正確な診断をすることができないでしょう。医師が様態について質問しても、しっかりと返事しないかもしれないので、家族が診察に同伴して代わりに答えて上げてください。スムーズに診察をするためには、患者さんの様子を1番近くで見ている家族のサポートが必要になるでしょう。

患者さんの家族は、できるだけ詳細な情報を伝えるようにしましょう。日頃の様子をメモしておくと良いかもしれません。ネガティブな発言や日常生活で感じるちょっとした違和感などもメモしてください。ちょっとしたことですが、これが意外と重要ですので、できるだけ詳細にメモしてくことが重要になります。気分障害やうつ病はすぐには改善しませんので、家族も長期間サポートする体制を整えておきましょう。