ウーマン

意外と知らない人が多いうつ病|情報収集をして気分障害を防ぐ

主な原因はストレス

カウンセリング

今も多くの人がうつ病で苦しんでいます。患者さんが自分で気分をコントロールすることができずに、長期間継続して落ち込んだ状態のことをいいます。人によっては、病院で治療をしなくても回復する人もいます。ですが中には仕事も手につかずに、日常生活すら送ることができない人もいます。また、一度症状が回復しても、何かのきっかけで再発することが多くあるので油断することができません。ストレスのない生活を送ることが最適ですが、ストレス社会とも呼ばれている日本でストレスを感じずに生活することは難しいでしょう。ですから、うつ病の原因や発症する要因を知っておくことが重要になります。

うつ病の最大の原因はストレスと言われています。ストレスは様々な病気の原因となるので、適度に発散することが大事です。ですが、発散できずに溜め込んでしまうと、脳内からセロトニンやノンアドレナリンなどの神経伝達物質の働きが鈍くなってしまいます。正確な因果関係は未だにはっきりとわかっていませんが、セロトニンやノンアドレナリンは気分障害の薬に含まれているため、脳内から分泌量が減ることが原因ではないかと考えられています。日常生活の些細なことでも人間はストレスを感じてしまいます。ストレスが原因で脳内の神経伝達物質が減ることで、身体的または精神的に影響を及ぼしてうつ病になると考えられています。しかし、セロトニンやノンアドレナリンを含んだ薬を飲むと症状が良くなるわけではありません。逆効果になることもあるので、全ての患者さんがセロトニンやノンアドレナリンが影響しているわけではないようです。

また、うつ病を引き起こす可能性のある疾患もわかってきています。人間の生命に関わるほどの疾患は、患者さんにとって大きなストレスとなります。「まさか自分が重い病気になってしまった」、「長期間入院しないといけない、どうしよう」など頭のなかでいろいろと考えこんでしまうでしょう。誰か親しい人に話すことでストレスは軽減するかもしれませんが、稀に疾患が原因となるいケースもあります。また、個人差はありますが薬の影響もあると考えられています。がんや心筋梗塞、脳梗塞などの治療で使用する薬は副作用があります。副作用によってうつ病が発症することもあるので、薬にも注意が必要でしょう。最近ではインフルエンザの薬が引き金となるケースもあります。薬の副作用に関して、処方前に医師と相談して用法用量を守ってください。