気持ちがずっと沈んでいるうつ病のサインを見逃すな

意外と知らない人が多いうつ病|情報収集をして気分障害を防ぐ

年々増加の傾向がある

悩む男性

うつ病を知っているでしょうか。様々な症状を引き起こす厄介な病気です。症状は人によって違うために、一言で説明するのはとても難しく、健康な方と同じように日常生活を送ることができる軽い症状の人もいますが、仕事ができないほど思い症状の人もいます。そのために、人によって認識には違いがあります。人間は仕事や人間関係で気分が落ち込んでしまうことがあります。常にハイテンションでいることはできないでしょう。誰かに言われた一言や、何気ない行動の積み重ねが原因でうつ病になってしまうこともあります。現在では、気分が落ち込んだ状態が長く続き、その症状が重い人のことをうつ病と診断しています。うつ病は本人の性格や育ってきた環境に影響されます、そのために、日常生活を送ることが難しいほどの症状の患者さんをうつ病と呼んでいます。また、それほど重症ではありませんが、気分が落ち込んでしまう期間が継続する患者さんを気分障害と呼んでいます。

日本には多くの気分障害の患者さんがいます。厚生労働省の調べによると、1996年には43.3万人、2002年には71.1万人、2005年には92.4万人、2008年には104.1万人となっています。毎年少しずつ気分障害の患者さんは増えているのが現状です。これには理由があります。それはうつ病が病気として、世間に認識されたことです。それにより、気分障害の診断や診察の技術が向上して患者さんの数も増えていると考えられます。診断の基準も昔と比べると変わっています。ですから診断方法も影響も多く反映していると推測することができるでしょう。

気分障害の患者さんの苦しみを理解するのはとても難しいことです。嫌なことがあり、気分が普段よりも落ち込んだ状態の時に診察や診断を受けるとうつ病と誤解されることも珍しくはありません。特に日本では若い世代の患者さんが増えてきている傾向にあります。周りを気にしすぎるあまりにストレスを溜め込んでしまい気分が落ち込む人が多いのが原因かもしれません。自分を押し殺して我慢している若い女性は多くいるので、ストレスを適度に発散するようにしましょう。若い世代の患者さん同様に、最近では中高年の患者さんも増えてきています。これは仕事の疲れや人間関係のストレスが主な原因でしょう。症状が重くならないようにしなくてはいけません。

主な原因はストレス

カウンセリング

日本でも患者数が増えているうつ病は、ストレスが主な原因とされています。しかし、個人の性格や育った環境によっても原因は変化します。未だに正確な原因はわかっていませんが、ストレスない生活を送ると予防できるかもしれません。

もっと読む

一般的な症状を把握

ドクター

多くの患者さんがうつ病になってます。もし自分や大事な家族がうつ病や気分障害になった場合は早めに対処してください。そのためには一般的な症状を把握しておくことが重要になります。

もっと読む

薬を使った治療法

ウーマン

医師から処方された薬を飲むと、体調不良や風邪がよくなります。しかし、気分障害やうつ病は必ずしも症状が改善するとは限りません。同じ薬でも良くなる人もいれば、逆に悪化する人もいます。医師をよく相談することが大事です。

もっと読む

たっぷり休養をとる

女の人

病院で診察を受ける前に、気分障害やうつ病で悩んでいる方は休養を取りましょう。疲れた体を休めることで、ストレスの軽減に繋がります。そのため、長期間継続していくと改善する可能性が高くなります。

もっと読む

家族がサポート

女医

患者本人が病院で診察をうける場合は、家族も付き添うようにしましょう。日頃の様子をメモして、担当医に伝えてください。また、改善するためには家族のサポートが不可欠なので、しっかりとサポートしてあげてください。

もっと読む